ハイヤーセルフナビゲーターのぞみとは②

 

ハイヤーセルフ・カウンセリング


ヒプノセラピー  ×  スピリチュアルコーチング  ×  NLP心理学


インナーチャイルドを癒し

現実の基盤となっているマインドを書き換える


無意識レベル(インナーチャイルド)の癒し
×
意識レベル(マインド・思考)での実践


現実を創る基盤となっている

潜在意識意識に眠る傷を癒し

現実の方程式であるマインドを書き換える実践の中で

根底から改革する

本気で変わりたい人のための

今までとは違う完全オリジナルメソッド

前回の

ハイヤーセルフナビゲーターのぞみに生まれ還るまで  (上)のつづき。
(読んでいない方は(上)からどうぞ♪)


ハイヤーセルフナビゲーターに生まれ還るまで(中)

15歳〜23歳まで8年つづいた躁鬱(そううつ)を

ハイヤーセルフとつながる生活を始めて3か月で完治させて

使命の道ハイヤーセルフナビゲーターのぞみとしての人生を

歩み始めるようになるまでのストーリーを綴っていきます。

15歳から8年行き来し続けた躁と鬱の生活。

鬱フェーズが来るとパターンは2通り。­

: 部屋から一歩も出られなくなり床の上に­のびて一日中動けなくなる

(文字通り床の上で­。ラ○ンの金髪チャラ男くんがよだれ垂れ流し­で横になってのびてるスタンプのまさに­あんな感じ←わかる人いるのかな)

2: 孤独感がピークを達して深夜の街を徘徊­する。
家に帰りたくなさすぎて最寄り駅の改札­で何時間もつったったままボーっとしたり。(­やばい人)。

自傷行為で持ちたくもない体の関係を持っ­たり。

とにかく来る日も来る日もじぶんを傷つけつづけた。

 

躁(ソウウツのソウ)フェーズがくると一転­、

よーっしゃーー落ちてた分働くぞーーっとな­ってバリバリ動き始める。

一日予定3つくらい詰め込んでセミナーなり何なり行きまくって

人に会いまくってと­にかく常にキャパオーバー。

エネルギーはあっても、とにかく動き続けなけ­ればならない、前に進み続けなければならない­、

止まれば死ぬ…!の強迫観念に縛られ­続けて

寝ても覚めても気持ちが安らぐ瞬間はな­く。

そのくらいじぶんを見失ってました。­

どこかに答があると思ってた。­

どこかに「正しい」答があって、それにたどり着くことができれば幸せになれると思って

必死にもがき続けてた。

日本出てイギリスの学校行けば。­

セミナー行って先駆者から学べば。­

死ぬ気で論文書けば。

研究者になれれば。­

社会を変えられる企業に就職すれば。­ ­

日本の教育を変えられれば。­

日本の制度を変えられれば。­

理想的な学校を作れれば。­

自立したお母さんを増やせれば。­

じぶんの「使命」を見つけられれば。­

”人の役に立つことができれば。­”

いつか、これだ…!これがわたしの「やるべき­こと」だ…!­に出会えると信じて。­

じぶんの外になんらかの絶対的真理を探­してました。

でもある時ね、­

その8年間無理矢理ピーーーーーーーンとはり­つめ続けた糸が

”プツン”­

と音を立てて切れました。­

そして、待っていたのは「無」でした。­

それまでガクッと落ちてーーーブチ上げてーーーまた急降下してーーーを8年繰り返してきて

めっちゃポジティブ!かめっちゃネガティブ!しか感じてこなかったのが

完全なる無。

無気力、無感情、ナッシング。

本当にこわかった。

動き続けないと死ぬと思ってたのが、急にその動き続けるための原動力だった「感情」

跡形もなく消え去ったから。

膨大な数の案件を抱えた1日も休む暇のない超多忙で幼い子供もいる敏腕コンサルタントが

突然事故にあって首から下が不随になってもう自分で動くことすらできない、頭真っ白!お先真っ暗!

みたいなイメージ?

(なぜこの例なのかは本当にわからない←)

今にして思えば首の皮一枚で繋がってた最後のこころとの回路が切れた瞬間でした。

ずっと必死にサインを送ってくれてたじぶんのこころに完全に拒絶、シャットアウトされた瞬間だったのだな、と。

そこまで来て初めて異変に気づきました。(おそい)

そこまで来なければ気づけなかった。

そこからは荒療治の始まりでした。

とにかくそれまでと同じ生き方、同じ考え方してたら、同じことが続くだけだ

そこを変えない限りこの無気力という恐怖状態はつづく

という漠然とした確信が起こり

それまでとは真逆のこと

一度もやってこなかったこと

そう

「じぶんの声だけを聴いて、じぶんの感覚だけを道しるべとして進む」

ということをやり始めました。

すなわちハイヤーセルフの声を聴きはじめました。

なにが正しいか、間違ってるか

善か悪か

どの選択肢がベターかベストか

という

いわゆる客観的な

ロジカルシンキング的な

クリティカルシンキング的な

(ふざけすぎましたごめんなさい)

じぶん以外の「外」の基準を完全に度外視して

じぶんの

「好き」「嫌い」

「やりたい」「やりたくない」

ワクワクする」「つまらない」

だけを頼りに全てを選択し始めました。

すると!

あらまーふしぎ!

8年も苦しんだ、

あるのが当たり前すぎてむしろそれがない状態が想像もつかなかった鬱の苦しみが

気づいたらスッと消滅していました。

軽減、じゃありませんよ。

消滅、してたんです。

医学では鬱は治らない(繰り返す)とされていて、わたしも良いときはあってもなくなる日は絶対来ないと思ってました。

アレルギー的な感じで。(ちなみにアレルギー性鼻炎もじぶんで治したよ♪)

でも、鬱は「完治」します!

わたしはそう断言します。

そりゃあもちろん落ち込むことがなくなったわけじゃないですよ?

嫌なことだって悲しい日だって怒る日だって不安な日だってありますよ?

でもあの生活に支障が出るようなまさしく「絶望」という言葉がぴったりな

あの「鬱」という名の真っ暗闇は、あれ以来二度とわたしの元には来てません。

それどころか、日々今までに経験したことのない新たな感覚を覚えています。

身もこころもどんどんどんどん軽くなっていく感覚。

なんにもないのに、お金が入ったわけでも、昇進したわけでもないのに

どんどんどんどん満たされていく感覚。

何度も言いますが、それでも悩みがなくなるわけじゃないんですけどね、

それなくなったら人間やってる意味なくなっちゃうし。

でも同じ悩みが、もう今までのように

八方塞がりで無力感に襲われるひたすらネガティブなもの

ではなくなりました。

いろんな負の感覚は、じぶんのこころと離れているサイン!と気づけるようになりました。

だってどんなときだってなにがどうであったって、いっちばんの道はいつもこころの中にあるんです。

こどもにかえろう♪

f:id:soulhearing:20160906151404p:plain

結局大なり小なりみんなそういう想い抱えながら生きてるよね。

じぶんの中の満たされない部分を毎日何かで必死で埋めようとしてる。

でもそれは親でも他人でもなく実はじぶんがで­きることだった!

いやむしろじぶんにしかできないことだったのよ?!

というのがハイヤーセルフカウンセリングの要となるテー­マというわけなんです。

ということで長くなりましたが、

わたしが全くの別人に生まれ変わる過程で身をもって体験したあれこれを

ぎゅーーーーーーーっと

凝縮して

パッと形創ったのが(擬音多め)

本当のじぶんに生まれ還る

ハイヤーセルフカウンセリングなのですっ。

ハイヤーセルフナビゲーターに生まれ還るまで(中)はここまで。

次回は、ハイヤーセルフとの繋がりを取り戻してから、使命の道を想い出すまでのお話をかきますね。

アディオス!

ハイヤーセルフカウンセリング

詳細・お申込はここをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA